バイアグラが使われない理由|ED治療薬はなぜレビトラなのか。その魅力を紹介します。

バイアグラが使われない理由

blue and pink drugs

ED治療薬といえば、なんといってもバイアグラです。バイアグラは1998年にアメリカで発売された世界で初めてのED治療薬で、世界的なブームを巻き起こしました。
今でも製造販売されており、多くの方が愛用しているので、バイアグラは世界で最も多くのED患者を救ってきたといっても過言ではないでしょう。日本でも1999年に製造販売が認可されてからというもの、正式にED治療薬として処方されています。

ただ、バイアグラには欠点があるのを忘れてはなりません。それが「食事の影響を受けやすい」という点です。
バイアグラは基本的に空腹時にしか効果を発揮せず、食事の後に服用しても意味がありません。例えば食事後に突然そういうムードになった場合には使えないので、応用が利かないといえるのです。
これは各製薬会社にとっても大きな課題であり、長い年月をかけてこの欠点を改善する研究を重ねてきました。その結果登場したのが、レビトラです。
レビトラは食事の影響を受けないので、バイアグラよりも服用のタイミングを選びません。いつでも服用が可能なので、楽な気持ちで利用ができるでしょう。
今までバイアグラを使っていた方は、せっかくのデートの時でも心置きなく食事が楽しめないということが続きました。EDの男性にとって、恋人にEDが発覚し、がっかりされることを何よりも恐れます。そういった男性にとって、食事の影響を受けやすいバイアグラは非常にリスキーだといえるのです。
その不安を取り除いてくれたのがレビトラという薬です。今ではレビトラも日本で使用認可が下りていますので、多くの人がバイアグラからレビトラに乗り換えつつあります。